Work2

AI コピーライター(日活)

AI コピーライター(日活)

Installation

広告会社にて、クリエイター・コピーライターの発想支援として、キャッチコピーの自動生成を含む自然言語処理の 研究を行う中、実証実験として取り組んだ案件。映画『散歩する侵略者』の台本データや、アンケートデータ、その他 様々なキャッチコピーのデータをAIに学習させ、独自アルゴリズムにより自動生成を実施。生成されたコピー「侵略者 でも愛したい。」は日本初となるAIが生み出した映画コピーとして広告出稿された。で、詩を生成するための試行錯誤の末に開発されたのが「行間を補填するAI」である。