機械詩の部屋
Machine Poetry Room

2020 Box, Printer, Printing paper, PC, AI, Human
Collaborator: Tomoya Ishibashi

鑑賞者は詩のテーマを紙に記入し、黒い箱に投入する。
数分後に箱からプリントアウトされた詩が2枚出てくる。
1枚はAIが自動生成したもの、もう1枚はAI特有の文体を模倣した人間によるものであり、一見すると見分けがつかない。
シンギュラリティの議論が盛んにされる中、将棋や囲碁の世界ではAIの指し手から棋士が学ぶといった逆転現象が起きている。
本作ではクリエイエィビティの領域において、人間がAIを模倣するという転倒した構造の導入を試みる。

The viewer writes the theme of the poem on a piece of paper and puts it into a black box. A few minutes later, two printouts of the poem appear from the box. One is automatically generated by AI, the other by a human imitating AI's unique writing style, and at first glance they are indistinguishable. While there is a lot of discussion about the singularity, there is a reversal phenomenon in the world of Shogi and Go, where players are learning from the moves of AI. This work attempts to introduce the inverted structure of humans imitating AI in the realm of creativity.