aPrayer 3.0 ~まだ見ぬ人工知能の慰霊

2021 Mixed Media
Collaborator: Hideo Iwasaki / Tomoya Ishibashi

人工知能は、しばしば「死なない」と言われています。 では、人工知能は「生きて」いるのでしょうか。 AIにとって死とは何を意味しているのでしょうか。 もしAIに死があれば、それはどのような場面においてでしょうか。 その時、AIは慰霊に値する存在でしょうか。 いや、逆にAIが我々を慰霊する存在になるのでしょうか。 なお、aPrayer(artificial/aesthetic/alternative prayer)は、もともと進展著しい人工細胞の生命性を、慰霊という補助線を引くことで問い直すプロジェクトです(2016~)。 このバージョン3.0では人工細胞ではなく、人工知能に対して慰霊の補助線を引いています。
Artificial intelligence is often said to "never die". So is it "alive"? What does death mean to AI? What does death mean to AI, and if AI dies, under what circumstances? Will it be worthy of consolation? On the other hand, will AI be the one to comfort us? In addition, aPrayer (artificial/aesthetic/alternative prayer) is a project (2016-) to reexamine the life of artificial cells, which have made remarkable progress, through consolation. In this version 3.0, we are praying not for artificial cells, but for artificial intelligence.