KENTO NIIKURA

1989年生まれ。2014年東京工業大学大学院卒業(理工学研究科数学専攻)。 専攻は微分幾何、特に高次元空間の収束と崩壊理論。
2015年より広告会社に入社。以降ビッグデータ解析を用いたマーケティング業務に従事。
その一方で大学院時代の知見を活かし、ディープラーニングの研究を実施。
2017年に『AIコピーライター』を発表。日本で初めてAIが生成したコピーが映画の広告物として出稿された。

  • 2014 【論文】K. Niikura, "Complete Ricci flat torus fibrations over ALE spaces" (2014)
  • 2014 【発表】研究集会リーマン幾何と幾何解析:リッチ平坦多様体の無限遠の崩壊について
  • 2014 【発表】関東若手幾何セミナー:On the singularities of the critical metrics
  • 2017 ADFEST 2017 MOBILE LOTUS BRONZE
  • 2016 Cannes Lions 2016 Innovation Creative data部門 ショートリスト
  • 2016 Spikes Asia 2016 Mobile部門 ショートリスト
  • 2016 第56回 ACC CM FESTIVAL インタラクティブ部門 ニューテクノロジー賞
  • 2016 第33回読売広告賞 協賛企業賞